もつ鍋は、第二次世界大戦後にもつ肉とアルミ鍋で醤油風味に炊いたものがルーツとなっております。もつ鍋の近年のスタイルとして、鰹節や昆布などで出汁をとり、そこに醤油や味噌で味付けをし、下処理をしたもつと大量のにらやキャベツ、臭みを消すためのニンニクなどのほかに、お好みで鷹の爪などを入れて火にかけ煮込んで食べます。もつ鍋に使われているもつは、ミネラルや必須アミノ酸などが含まれており、もつなどの内臓の肉は栄養価も高くて、ビタミンAやB群、鉄分なども豊富に含まれております。また、コラーゲンも多く含まれておりますが、コラーゲンだけではなかなか体内に吸収されませんが、ニラやキャベツなどの野菜と一緒に食べることで効率よく接種することができるため、美容にも良い食べ物です。

さらに、見た目と違ってカロリーは少ないため、ダイエットをしている方にもおすすめです。もつ鍋を作る際には、生もつを使う際には下処理をする必要があります。すでにボイルされている場合には必要ありませんが、下処理を行わなかったまま鍋に入れると、生もつ独特の臭いや灰汁が出てくるため食べられなくなってしまいます。生もつの下処理は、生もつを水洗いして、水気をとり、ボウルに入れて塩を十分に振りかけたら汚れを落とすように入念にも見込みます。

も見込んだ後は流水でしっかりと洗い流します。他にも、生もつを水洗いして水気をとり、ボウルに入れて牛乳に漬け込み、一時間後に牛乳を洗い流したり、水洗いした生もつをボウルにいれて、小麦粉をまぶし、揉み込み、汚れを取り除いて、充分に揉み込んだら小麦粉を洗い落として水気をとるなどの方法があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です