もつ鍋は福岡県が発祥とされる鍋料理です。もつとはいわゆるホルモンなのですが、もつ鍋とは主に牛のホルモンとニラやキャベツなどの野菜を煮込んだ料理です。かつては動物の内臓は食材としては使えない必要のない部分として廃棄されていましたが、食べる物が乏しかった戦後に考えだされた料理と言われています。ホルモンの臭みが苦手という人もいますが、良質なホルモンはまったく臭みがなく味わいがとても豊かです。

実はもつ鍋と呼ばれていますが、ホルモンは脇役で、野菜をたくさん食べることができる鍋料理です。ホルモンのコラーゲンと野菜のビタミンなどの栄養素が美容や健康に大変に有効的な画期的な鍋料理とされています。福岡県では「医者いらず」と言われていて、郷土料理として日頃からよく食べられています。おいしく健康的な上に安価な食材で作ることができることももつ鍋の魅力です。

そのため、全国的に知られるようになり、今では福岡県だけではなく、もつ鍋を食べることのできる店は各地にあります。基本的に味噌か醤油で味付けをするのですが、とんこつや塩で味付けをするなど、店によっては様々に工夫が凝らされています。家庭でも作ることができるのも人気の理由でしょう。できるだけ新鮮な牛か豚のホルモンを手に入れることができれば家でも簡単にその味わいを楽しむことができます。

具をある程度食べた後にはラーメンやちゃんぽんの麺などを入れて食べると、ホルモンなどのダシが出たスープによく合い、最後までおいしくいただくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です