もつ鍋とは九州で愛されている郷土料理です。もつ鍋に入れる具材の代表的なものとして、鶏肉があげられます。九州の宮崎県などでは、地鶏の生産が大変隆盛で、それに関連して、もつ鍋が名物となっているのです。この鍋に入れる鶏肉は、レバーやホルモン、心臓など鶏肉のほとんどの部位を使います。

鶏肉の内臓などからは、とても良いダシが出るのです。それが、鍋に入れるほかの具材、野菜などの旨みを引き立てさせてくれるのです。この鍋は九州では年がら年中食べられますが、日本のほかの地域では主に、冬に食べられることが多いです。なぜかというと、もつ鍋には身体を温かくしてくれる効果があるのです。

また、調味料に七味唐辛子をつけることが一般的です。ですので、なおさら、身体を温める効果があるというわけです。もつ鍋の作り方は簡単です。まず、鍋に水を張ります。

そして、鶏肉のレバーや心臓、ホルモンといった部位を入れていきます。そして、水を煮立てます。この時点で、鶏肉から、美味しいダシがでています。ですので、これだけでも美味しいスープとなっています。

ダシが取れたら、煮えづらい白菜を入れます。白菜からも野菜の旨みがでるので、この鍋にとっては、とても重要です。白菜が煮えたら、ニラを入れます。ニラはすぐに煮えます。

あまり目立たない食材ですが、あるのとないのでは全然違います。鍋の名わき役と言えるでしょう。ニラを入れたら、次はネギを入れます。このネギからも、旨み成分がたくさんでます。

鍋をとても美味しいものにしてくれます。最後に、鶏肉のもも肉をいれます。これで完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です