日本の冬には様々な鍋料理が登場します。例えば、すき焼きだったり、しゃぶしゃぶだったり、キムチ鍋だったりします。そんな中で日本人に一番に愛されている鍋料理があります。それは、もつ鍋です。

もつ鍋の起源は九州地方にあり、宮崎の地鶏を使ったもつ鍋などが有名です。この鍋は基本的に鶏肉を使って料理します。鶏肉のほとんど全ての部位を使っていると言っても良いでしょう。例えば、肝臓だったり、胸肉だったり、心臓だったりします。

また、舌なども料理の具材に使います。また、この鍋料理には、たくさんの野菜を使用します。例えば、白菜だったり、ニラだったり、長ネギだったりします。こうした野菜からでる旨みを上手に使うことで美味しい鍋ができるのです。

特に白菜が一番重要です。白菜の入っていない、鍋は、もつ鍋とは言えません。大抵のこうした鍋を提供しているお店に行っても、必ず入っているのが白菜なのです。調理方法は非常に簡単です。

まず最初に、鶏肉やレバーなどを鍋に入れます。赤身が取れてきて、もう食べられるかな、と思った頃に、野菜を入れます。野菜は煮立て過ぎると柔らかくなりすぎ、美味しさが損なわれるので、必ず、肉の後にいれます。肉も野菜も煮立ってきたら、最後に調味料を入れます。

基本的に、もつ鍋に入れる調味料は味噌です。ここでどのような味噌を入れるかで、どのような鍋ができるのかが決定します。お勧めは白味噌と赤味噌を3対7でブレンドしたものです。この配合なら、野菜や肉の旨みを損なうことがなく、最大限に旨みを引き出してくれます。

この鍋は、冬に食べられることが多いですが、夏に食べても良いです。ビールのお供には最高の料理であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です