もつ鍋とは、牛または豚の小腸や大腸などの内臓であるホルモン(もつ)を使った鍋料理です。発祥は福岡県です。もつと一緒に煮込む野菜は、たっぷりのニラやキャベツ、もつの臭みを消すにんにく、風味にいりごまが一般的です。その他には、トマトのスライスや、キノコ類、豆腐や厚揚げの具材を入れるもつ鍋もあります。

スープは、塩、醤油、味噌などで、お好みで鷹の爪を入れます。自宅で作るときは、市販のスープを使うと便利です。もつ鍋は、スープに味が付いているのでそのまま食べますが、中には、酢醤油を付ける方法もあります。残ったスープにちゃんぽん麺やご飯を入れて締めとします。

もつ鍋の材料の要となるもつは、国産の新鮮な生もつを精肉店や通販サイトを利用して準備しましょう。ボイルされたものは下処理の必要がなく便利ですが、やはり生に勝るものはありません。丁寧に下処理されたもつを使うことで、臭みを気にせず美味しく食べることができます。もつの下処理の方法は3つあります。

1つ目は塩を使った処理法です。水洗いしたもつの水気を切り、塩をたっぷり振りかけます。次に、汚れを落とすようにしっかりと揉み込んだあと、水で塩を流します。これを3回程度繰り返します。

2つ目は、牛乳を使った処理法です。水洗いしたもつの水気を切り、ひたひたの牛乳に1時間程度つけておきます。その後、水で牛乳を流します。3つ目は、小麦粉を使った処理法です。

1つ目の塩の代わりに小麦粉を振りかけ、以下は同様の手順です。業務用の肉の通販のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です