1年ももう半分が過ぎ、秋を迎え冬へと近づいてきました。1年が終わる頃に頭を抱えるひとが多いのが、忘年会や新年会、そしてそれらの二次会です。会場をどこにするか予算をどうするか、、悩みは尽きませんよね。特に、二次会の主催は忘年会や新年会だけにとどまらず、結婚式や同窓会などの二次会においても本当に大変な思いをされる方も多いのではないでしょうか。

どうすれば皆が楽しんでくれるか、盛り上がるか、どんなレクリエーションがあるといいのだろうかと考えを巡らせますね。二次会の定番といえば、ビンゴ大会が挙げられます。分かりやすく簡単で準備にもさほど手間がかかりません。問題は、景品選びです。

検索サイトで二次会景品と打って探してみる方もいらっしゃいますよね。二次会景品として喜ばれやすいのは、ギフト券や家電、ビール券などですね。貰って悪い思いをすることはまずないでしょう。そしてありがちな二次会景品はウケ狙いのおもちゃや実用性のないもの。

。盛り上げるためには何アイテムかそういったものも必要かもしれません。ウケ狙いの景品とは別に、ひと味違った景品を取り入れることで盛り上がりを得ることもできます。最近では食品を景品にする幹事さんたちもいらっしゃいます。マンゴーなどの少し高めの自分ではあまり買わないフルーツだったり、限定お菓子の詰め合わせだったり、ちょっと高いお肉なんかは密かに景品の人気になりつつあります。

中でも喜ばれやすく、盛り上がるのがお肉です。サラリーマンであれば良いお肉がお土産になればおうちの奥さまは喜ばれますし、OLさんであれば家でプチ贅沢ができて最近流行りのインスタ映え写真なんかも撮れちゃう、という万能景品。これからの二次会景品の定番はお肉できまり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です